家を借りる際は注意!良い不動産会社の見極め方

店が全体的に汚い、言葉遣いが乱暴な会社はNG

不動産会社を訪れたら、まずはじめに確認したいのが店頭・店内が清潔かどうか、社員の言葉遣いは丁寧かどうか、です。店頭・店内が汚い会社は申込書などの書類の整理もきちんと行われていないことが多いため、個人情報の管理がきちんと行われていなかったり、書類を紛失される可能性があります。また、社員や物件広告の言葉遣いが悪い会社も、社員の言葉遣いの教育もできないようないい加減な会社であることが多いです。不動産会社を見極める際にはまずそういった点に着目しましょう。

「仲介手数料無料・半額」には注意!

仲介手数料は不動産の収益の一つですが、最近ではこの仲介手数料を無料・半額にしている会社があります。じつはこれ、注意しないと最終的にいい物件が見つからないことがあります。仲介手数料を無料・半額にできる理由は、大家さんから広告料を貰い、それを収益にしているために仲介手数料を安くできるためです。大家さんが広告料を出してまで貸したい物件は人気のない物件が多く、「仲介手数料無料・半額」を売りにしている不動産屋で取り扱っているは人気のない物件が多いです。そのため、仲介手数料が安いからと言って安易に「割引されているんだ」と思わないようにしましょう。仲介手数料が安くなるのにはちゃんとした理由があるのです。

敷金・礼金0円には注意が必要

不動産会社の広告によっては敷金・礼金が0円の広告を見かけることがあります。交渉などで安くなった場合は別ですが、気を付けたいのが最初から広告に敷金・礼金0円と書いてそれを売りにしている不動産会社です。特に注意したいのが、「敷金」という言葉です。「敷金」という言葉は関西では「保証金」と言う名前で使われていて、退去の際に何パーセントか(会社によって違います)引かれて、残りの額が返金されるようになっています。そのため、関西以外で「保証金」と書けば、「敷金0円」が成り立つのです。「敷金0円」であっても、敷金を単に「保証金」と名前を変えている会社があることに注意が必要です。

札幌の賃貸物件を知りたいときには、無料で閲覧をすることができる不動産サイトを参考にすることで情報を収集することが可能です。