禁止事項が多い賃貸でもオリジナルの部屋を作れちゃう!

賃貸の御法度。穴を開けること!

賃貸物件では、壁や柱に穴を開けることが原則禁止されています。理由は次の人にお譲りするときに前の入居者が開けた穴が残っていると困るからですね。なので賃貸暮らしの人が壁に棚を設置したりポスターなどを飾りたい場合は、両面テープなどの穴を開けずに固定できるものを使いましょう。現在売られている両面テープは接着力の強いものが多いので、薄い紙に限らず様々なものを空中で固定することが出来ますよ。しかし、貼る場所によって塗装が剥げることがあるので注意しましょうね。

壁に色を塗れないなら壁紙を使おう!

賃貸は文字通り借り家なので、管理者の許可なく壁の色を変えてはいけません。しかし、自分らしい部屋にするためには白い壁のままでは納得がいかない人もいるでしょう。そんなときは取り外し可能な壁紙を使用しましょう。壁紙なら壁に色を塗らずにレイアウトを楽しめます。ポスターのように貼ればいいだけなので、傷をつける心配もありません。退去時には外して元通りに出来ます。それに色を塗ってしまうとまた塗り替えるのに苦労しますが、壁紙なら簡単に剥がせるので気分に合わせてチェンジすることも可能になります。

家具やシール、ガーランドでお洒落な部屋に!

賃貸は壁や床に傷をつけないように気を付けなくてはなりませんね。しかし、家具の種類や配置の仕方は賃貸でも自由です。壁や床の色や形を変えられない変わりに、ユニークな形の家具を好きなように配置してオリジナルの部屋を作りませんか?ガラスに専用のシールを貼ってデコレーションしたり、天井やドアからガーランドをぶら下げてもお洒落になりますよ。さらに小物や植物を飾れば貴方だけの素敵なお部屋が完成します。賃貸だから何もできないと諦めずにレイアウトを工夫してみましょう。

帯広の賃貸マンションの暮らせば、スーパーが近くにあったり、防犯セキュリティもしっかりしていたりと快適に暮らせる魅力があります。