新築を購入しよう!失敗しない不動産選びとは?

まずは不動産の基本を抑えよう

新築住宅を購入することは一大決心であり高価な買い物ですから失敗しない購入をしたいものです。不動産は基本的に二つに分類して考慮するのが基本です。まずは土地についての状態と建物の状態です。土地は賃貸で建物だけが新築という場合もあるので土地の所有権も自分の物にするのかどうかも考慮すべき要素となります。また家屋についても不動産業者を仲介して購入する場合、重要事項説明書や契約書面をいただくことになりますが契約を締結する前に書面内容をしっかり確認しておくことが大切です。わからない法律用語は必ず説明をしている宅地建物取引士に確認しましょう。

瑕疵担保責任って何?万一の際に覚えておくべき法律

不動産の契約書面等を読むと瑕疵担保責任という言葉が出てきます。一般的に瑕疵(かし)という言葉は専門用語なので馴染みが薄いですが、簡単に言うと「欠陥」の事です。瑕疵担保責任とは欠陥があった場合に売主側は責任を持って修理等を行う必要があるというものです。基本的に住宅の引渡しから10年間は売主は住宅瑕疵担保責任を負っているので新築購入後、雨漏り等の不具合が出たなら修理してもらうことが可能です。では10年が経過する前に家を販売した業者が倒産してしまい、その後に欠陥が見つかった場合は保証がなくなるのでしょうか?そのような事はありません。保証はしてもらえます。住宅瑕疵担保履行法という法律が定められていて、売主は買主に対して少ない負担で瑕疵の修繕が行えるように「保証金の供託」や「保険への加入」が法律で業者側に定められています。買主側で契約前に必ず確認しておきたい点としては、説明を行っている宅地建物取引士に、「10年以内に瑕疵が見つかった場合にどのような手続きを取るべきか?瑕疵が見つかった際に業者が倒産していた場合はどのような手続きをすべきか?」この点をしっかり確認しておくなら万一の際にも安心です。

契約前に契約内容をしっかり理解する事が大切!

瑕疵担保責任・抵当権・用途地域等、契約書面を読んでゆくとわかりにくい法律用語のオンパレードです。不動産売買等に携わることがほとんどない方で法律に触れる機会もほとんど無ければ用語の意味を理解するのが大変です。しかし新築を購入するとなると重要事項説明や契約書面を渡されるため知らなかったでは済まなくなる場合があります。その為にもわからない用語が出てきたら素直に説明を行っている宅地建物取引士に尋ねるようにしましょう。何回も聞くのは恥ずかしいと思わないでください。住宅購入は高価な買い物です。宅地建物取引士は不動産売買の専門家なのでわからないことは理解できるまで教えていただきましょう。納得して契約を締結しなければトラブルの原因となります。新築に気持ちよく住むためにもそれに付随する契約内容や法律事項をしっかり理解して素敵な住まいで楽しく生活されることをお勧めします。

船橋市で新築一戸建てを探すなら、実際に自分で現地を訪れ下調べしておくと物件が販売されたときに探しやすいです。